So-net無料ブログ作成
佐野ひなこ ブログトップ
前の1件 | -

佐野ひなこ過激な妄想小説~佐野ひなこが部活のマネージャーだったら③~ [佐野ひなこ]

ご覧になる前に・・・


※ こちらは全てフィクションで、事実ではありません。


佐野ひなこ過激な妄想小説~佐野ひなこが部活のマネージャーだったら③~

⇒ ①へ戻る

⇒ ②へ戻る

佐野と二人きり



部室に戻ると、そこには佐野がいた。

佐野 『あ!先輩お疲れ様です!』

俺 『佐野、夜遅くまでお疲れ。もう遅いし帰りな』

佐野 『あ、・・・はい』



何か佐野の様子がおかしい



俺 『どうしたの?元気ないじゃん』

佐野 『あ、あの・・・。この前はありがとうございました・・・。』


俺 『あー、あれね。いいよ、だって佐野は盗ってないんだしさ

お前は悪くないよ別に』


佐野 『先輩!!!』


俺 『ん?』


2.jpg


佐野 『あ・・・、あの・・・わ、私!!!先輩の事が好きなんです!』


俺 『え!!?』


俺はマジで頭が真っ白になった。

まさかの告白、しかも佐野からの告白。

13.jpeg

佐野 『私じゃダメすかぁ・・・?』


俺の返事はもう決まっていた


俺 『俺も佐野の事、好きだよ』


佐野 『本当!よかったぁ~』


俺は人生で絶頂を迎えた、だってこんな可愛い子が彼女に

なったし、世界一の幸せ者だ。


そして、この部室には今俺と佐野しかいない。


二人はいつの間にか、キスを始めていたのである。



俺 『佐野・・・』

佐野 『先輩・・・、佐野じゃなくてひなこって呼んで・・・』

俺 『あ、あ~ごめん』

佐野 『でも、ひなは恥ずかしいからまだ先輩って呼ばせて?』

俺 『なんだよそれ(笑)まあいいよ、ゆっくりやってこ?』

佐野 『先輩、ありがとう・・・大好き』


そう言うとまたお互い深く唇を重ねては舌を入れ出すなど

ディープキスにまで至っていたのである。


そして俺は佐野の服の上からおっぱいを揉みだした。


正直、体操着の上からもかなりでかいのは知っていたが

実際に手で揉むと、物凄く弾力があり柔らかいものだった。

333.jpg

そして、服をめくりあげると佐野のFカップの乳が顔を出した。


佐野 『あ・・・、恥ずかしい』

俺は佐野のブラを外すと乳首をいじり出した。


佐野もどうやら初めてらしいので、物凄く感じていた。


そして、佐野の乳首はすぐにコリコリになっていた


俺 『ひなこの乳首、もうコリコリになってるよ』


佐野 『あぁ・・・ん、先輩が指でイジメるからぁ・・・・』


そして、更に佐野の乳首を俺は舌で舐め始めた。


佐野 『あぁ・・・!だめぇ~・・・』



乳首を舐めまわしながら、下の方にてをやってみた。


5.jpg


俺 『ひなこ・・・、お前の下、ビショビショじゃんか・・・』


佐野 『だってぇ・・・超気持ちいいんですもん・・・』



俺 『こんなにお漏らししちゃって・・・』

そうすると、俺はひなこの足をぐいっと開くと

ひなこのクリトリスを攻めまくった。



佐野 『あぁ・・・ん!!せ、せんぱぃ・・・ひなこのおま●こ・・・

こわれちゃう・・・!!ダメ!!イッチャウ・・・!!!!』


何とひなこは舌でクリを刺激したせいで、部室の床がビタビタになった。



佐野 『今度は、ひなが先輩のこと気持ちよくしてあげますね・・・。』


そう言うと、佐野は俺のハーフパンツに手をかけたのである。


⇒ ④へ続く(長すぎるので)

ライブでゴーゴー「ライブチャット zeus」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グラビア
前の1件 | - 佐野ひなこ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。